競馬新聞のが馬群に沈み

狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!

 

この最高の瞬間を味わいたいですよね?

 

本当に強い馬が分かる暗号

あなたにこっそり教えることができます。

 

 

パーフェクトコードから導き出された推奨馬が、

重賞やオープンクラスを数多く的中させています↓

 

 

アンドロメダS[BBB]で決着

 

1着 レッドソロモン [Bコード

2着 ドレッドノータス [Bコード

3着 マイネルフロスト [Bコード

 

 

 

 

 

マイルCS[BB]で決着

 

1着 ミッキーアイル [Bコード

2着 イスラボニータ [Bコード

 

 

 

 

 

福島民友カップ[AAB]で決着

 

1着 トラキチシャチョウ [Aコード

2着 ブラゾンドゥリス [Aコード

3着 モズライジン [Bコード

 

 

 

 

 

ディセンバーS[BBB]で決着

 

1着 ツクバアズマオー [Bコード

2着 ルミナスウォリアー [Bコード

3着 シャイニープリンス [Bコード

 

 

 

 

 

阪神カップ[BB]で決着

 

1着 シュウジ [Bコード

2着 イスラボニータ [Bコード

 

 

 

 

 

師走S[BB]で決着

 

1着 グレンツェント [Bコード

2着 トラキチシャチョウ [Bコード

 

 

 

 

推奨した馬がバンバン好走しています。

 

ここでは分かりやすく重賞とオープンレースを取り上げましたが、

この暗号はすべてのレース(新馬戦、障害戦を除く)でお使いいただけます。

 

今週末の競馬もご期待ください。

 

 

トレンドを重視した短期データの仕事人

 

こんにちは、宮田こうせい(みやたこうせい)と申します。

 

私のデビュー作『テクニカル6・未勝利トレンド』の大ヒットや、

田中さんのコンピ指数研究を手伝っているので、

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

まずは簡単に自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

宮田こうせい

(みやたこうせい)

競馬歴:約18年
コンピ歴:6年

 

1998年、スペシャルウィークが圧勝したダービーを観て競馬にどっぷりハマる。

 

その後、色々な馬券作戦を試しては挫折を繰り返していたが、「競馬最強の法則」にて連載していたコンピ革命家・田中洋平のゾーンレベル理論に出会い衝撃を受ける。

 

 

それ以後は田中に師事して馬券術のノウハウを学び、田中が主催する競馬塾「TMA」1期生の筆頭格にまで成長。

 

宮田オリジナルのロジックである「インサイダーレベル」が田中に認められ、ゾーンレベルソフトがバージョンアップの際には、そのロジックがソフトに搭載される。

 

『鮮度』を重視するトレンドデータが得意な馬券術研究家で、近年は独自のレースレベル理論で、新しい馬券術の展開に成功した。

 

 

これまでトレンドデータに関するノウハウを主に紹介してきましたが、

今回の馬券術「パーフェクトコード」は

レースレベルに着目したロジックで構成されています。

 

前走の着順が人気やオッズに大きく影響する競馬において、

レースレベルを比較することは、的中に近づく重要なポイントです。

宮田の研究の粋を集めた「パーフェクトコード」が、

どのようなロジックで成り立っているのかを、これから説明させて頂きます。

 

 

レースのレベルを見極める

 

あなたは伝説の新馬戦をご存知でしょうか?

 

2008年10月26日 京都 芝1800m

 

 

 

1着 アンライバルド(皐月賞、スプリングステークス)

2着 リーチザクラウン(読売マイラーズカップ、きさらぎ賞、ダービー2着)

3着 ブエナビスタ(阪神JF、桜花賞、オークス、ヴィクトリアM、天皇賞・秋など)

4着 スリーロールス(菊花賞)

5着 エーシンビートロン(サマーチャンピオン(佐賀))

 

このように後にG1を勝利する馬が3頭、重賞を制する馬が2頭、

同じ新馬戦に出走しているという、レベルの高いレースが実際に存在します。

 

ただこのレースのレベルが高かったことは、

アンライバルドやブエナビスタがG1を獲ったから分かることであり、

ゴール直後に『このレースはレベルが高いメンバーだ!』ということが、

簡単に分からないから競馬は難しいということを、お分かりいただけると思います。

 

でも!

 

もし『レベルの高いレース』だったということが分かるなら、

上位入線馬の次走は、自信を持って狙うことができますよね?

 

実際に2着だったリーチザクラウンは、次走の未勝利戦を勝利。

 

3着だったブエナビスタも、次走の未勝利戦でアッサリと勝ち上がります。

 

スリーロールスは2走後に、エーシンビートロンは3走後に未勝利を卒業します。

 

もうお分かりだと思いますが、

私は『レベルの高いレース』を見極める方法の開発に成功しました。

 

 

前走の着順が人気を決めている

 

今走の人気を決めている大きな要素をご存知ですか?

 

そうです、前走の着順です。

 

まずはこちらの表をご覧ください。

 

 

これは2017年1月29日京都2Rの出走メンバーです。

 

馬番順に並べているので、前走着順と今走人気の関係が分かりにくいと思います。

 

そこで今走人気順に並びえてみましょう。

 

 

いかがでしょうか?

 

多少の上下はありますが、前走着順の良い順番に並んでいます。

 

前走着順が今走人気に影響を及ぼしている分かりやすい例ですよね。

 

ではこのレースの結果はどうだったのか?

 

1着 1番人気 スズカコーズライン(前走2着)

2着 7番人気 タガノラガッツォ(前走6着)

3着 5番人気 シュプリームゾーン(前走5着)

 

やはり人気通りには行かず、

前走の着順が良いからと言って、今回も好走するとは限りません。

 

こんなことは、わざわざ説明しなくてもご存知ですよね。

 

では次にこちらのデータをご覧ください。

 

 

一番右側は、私が開発したレースレベルです。

 

スズカコーズラインはレベル9という高いレベルのレースで2着だったので、

今回1着という結果も納得ですよね。

 

注目は2着のタガノラガッツォです。

 

前走6着と、他馬と比べてやや見劣る成績ではありますが、

前走はレベル10とレベルの高いレースのものだったのです。

 

レベルが高いということは強い馬が多かったということなので、

6着という成績でも価値が高いということになります。

 

これが2番人気だったキセキノホシ(前走レベル2で3着)よりも、

タガノラガッツォの方が先着できた理由と考えられます。

 

 

前走レースレベルの正体

 

ここで前走レースレベルの考え方の一部を、あっさり公開したいと思います。

 

興味のある方は、これを参考にご自身で作ってみてください。

 

前走レースレベルを読み解くポイントは、

3着だったシュプリームゾーンの前走レースレベルが

『計測不可』であることです。

 

というのも、レースレベルは前走で強い競馬をした馬をカウントしているのです。

 

今回のレースレベルが10 ⇒ 前走で強い競馬をした馬が10頭出走している

 

今回のレースレベルが2 ⇒ 前走で強い競馬をした馬が2頭出走している

 

とても簡単ですね。

 

『前走で強い競馬をした馬=能力の高い馬』という定義で考えると、

強い馬が10頭も出走しているレースで、6着に入るのは価値が高いですよね。

 

反対に強い馬が2頭しかいないレースで3着だったとしても、

強い馬が1~2着に入り、あとのレベルはドングリの背比べだった可能性も考えられます。

 

 

 

 

この『前走で強い競馬をした馬』という定義は、ご自身でいろいろと研究して欲しいのですが、

レースレベル理論はとてもシンプルで、ごく当たり前のことだとご理解いただけたと思います。

 

つまり、シュプリームゾーンの前走は新馬戦で、

新馬戦は初出走の馬ばかりなので、『前走で強い競馬をした馬』の数が分からない。

 

だから計測不可になるということです。

 

 

それって予想に影響しませんか?

 

「計測不能の馬がいると、予想に影響しませんか?」

 

こんな声もあると思いますが、心配いりません、大丈夫です。

 

2016年にレースに出走した馬は44378頭。

(新馬戦、障害戦を除く)

 

そのうち前走が新馬戦だった馬は3835頭になります。

 

前走のレースレベルが分からない馬は、わずか9%だけなのです。

 

そのため、あまり影響を受けないと考えて良いでしょう。

 

 

 

 

 

またこれまでレースレベルにばかり注目してきましたが、

実はパーフェクトコードは、6つの要素で強い馬を判定していて、

レースレベルはそのうちの1つの要素(ピース)なのです。

 

レースレベルの足りない部分は、他の5つ要素で補完しているので大丈夫です。

 

 

パーフェクトコードとは?

 

どのようなロジックで成り立っているか?はご理解いただけたと思うので、

ここからは本題のあなたが手に入れる暗号について、説明していきます。

 

パーフェクトコードでは、新馬戦、障害戦を除いた全馬にコードが発行されます。

 

 

これは2017年のAJCCのパーフェクトコードです。

 

Aコード → 買い・中心視

Bコード → 買い・相手馬

Cコード → 基本消しだが他に狙いがあるなら

Dコード → 消し

Eコード → 消し

 

このようにコードを読み解いてください。

 

このレースの場合、

 

2番 クラリティスカイ(B)

4番 シングウィズジョイ(A)

6番 ルミナスウォリアー(B)

8番 タンタアレグリア(A)

10番 ゼーヴィント(A)

 

AコードBコードの上記5頭が馬券の対象になります。

 

17頭立てから、いきなり5頭立てになるというイメージをしてください。

 

Cコードは基本は消しですが、他の理論で見どころがあるのであれば入れても良いレベルです。

 

D、Eコードは馬券に絡む確率が低いので、バッサリ消しましょう。

 

そしてAコードとBコードの違いですが、

Aコードの方が馬券に絡む確率が高いので中心視扱いをしてください。

 

2017年のAJCCの場合、

Aコードの単勝、馬連やワイドのBOX馬券か、

Bコードまでを視野に入れて5頭で馬券を組む選択がベストと考えられます。

 

結果は↓

 

 

 

タンタアレグリア(A)とゼーヴィント(A)の[AA]で簡単に決着しました。

 

2016年にレースに出走した馬は43809頭。

(新馬戦、障害戦、初出走を除く)

 

Aコード → 2344頭

Bコード → 10140頭

Cコード → 15984頭

Dコード → 11863頭

Eコード → 3478頭

 

このような内 訳になります。

 

AコードとBコードを足すと12484頭になり、全体の28%程度が該当します。

 

31325頭のCコードはパーフェクトコード的には無視でOKなので、

どのレースもだいたい「4分の1」から「3分の1」に絞られるイメージですね。

 

これができると、競馬が簡単で楽しくなると思いませんか?

 

 

Aコード該当馬がいないレース

 

Aコードに該当する馬は、全体のわずか3%程度なので、

BコードとCコードしか存在しないレースも出てきます。

 

※コードが(-)の馬は、前走が海外競馬か地方競馬に出走している馬です

 

これは2017年の東海Sのパーフェクトコードです。

 

4番 モルトベーネ(B)

8番 グレンツェント(B)

10番 リッカルド(B)

13番 ロンドンタウン(B)

14番 メイショウウタゲ(B)

16番 ロワジャルダン(B)

 

馬券の対象はBコードの上記6頭になります。

 

Aコード該当馬がいないので、

この場合は上記6頭の単勝、馬連とワイドのBOX馬券が良さそうです。

 

6頭BOX馬券の買い目が多く感じる場合は、任意で軸馬を選ぶなど工夫をされてください。

 

 

結果は↓

 

 

 

 

グレンツェント(B)、モルトベーネ(B)、メイショウウタゲ(B)

この3頭で[BBB]決着です。

 

モルトベーネとメイショウウタゲが人気薄だったので、

馬連もワイドも万馬券という結果になりました。

 

このようにAコード該当馬が不在の場合は、

Bコードの馬だけで馬券を組み立てるようにしましょう。

 

 

買ってはいけない馬

 

それはC~Eコードの馬です。

 

少しおさらいをすると、

 

2016年にレースに出走した馬は44378頭。

(新馬戦、障害戦を除く)

 

Aコード → 2344頭

Bコード → 10140頭

Cコード → 15984頭

Dコード → 11863頭

Eコード → 3478頭

 

このようにレースに出走している大半がC~Eコードです。

 

そのため、C~Eコードの馬が馬券に絡む機会が多く感じるようになります。

 

どういうことか?を説明すると、

1日3場開催の場合、12×3で36レース行なわれます。

 

計算を分かりやすくするために、

36レースすべて、16頭立てということにします。

 

すると1日の出走総数は36×16=576頭となります。

 

ではその576頭のうち、

 

Aコード → 576頭の3%は17頭

Bコード → 576頭の25%は144頭

C~Eコード → 576頭の72%は415頭

 

という振り分けになります。 

 

そして1~3着が馬券圏内なので、

1日に馬券に絡む馬は36×3で108頭ですね。

 

 

上記の表を補足すると、

Aコードの馬は1日17頭出現して、その内5頭が3着以内に入るという意味です。

 

3着内に入る確率は32%です。

 

反対にC~Eコードの馬は1日415頭が出走して、

そのうち71頭が3着以内に入りますが、3着内率は17%と低い確率です。

 

つまり全体数が多いので、馬券圏内に顔を出す機会が多くなりますが、

実は好走率が低いので、買ってはいけないのがC~Eコードの馬なのです。

 

 

目先の勝ち負けに惑わされるな!

 

あなたは競馬で負けやすい人種をご存知ですか?

 

・その日の勝ち負けしか考えられない人

・自分の予想スタイルが定まっていない人

・参考にする競馬情報が毎回違う人

・少し当たらない時期が続くとイライラして作戦を変える人

・忍耐力に乏しく何をしても長続きしない人

 

自分に自信が持てなくてフラフラしていたり、

すぐ感情的になって長続きしない人は、

一般社会と同じで、馬券の結果も思わしくない傾向です。

 

やはり、しっかり自分のスタイルを確立し、

明鏡止水の心境で冷静に馬券を買える人が成功に近いでしょう。

 

実は私も、パーフェクトコードの開発に取り掛かってすぐは、

あまりにもCコードの馬が3着内に入るので、ガッカリの連続でした。

 

しかしデータを蓄積していく中で、

そのイライラが大きな間違いであることに気付きます。

 

それは先ほども申し上げた通り、

Cコードは全体の数が多いから走っているように見えるだけで、

実は効率の悪い馬の集団だったのです。

 

 

   ※複勝率は集計方法が異なるため前述と多少違います

 

 

上記は2014~2016年までの3年間の成績ですが、

C~Eコードの馬を消せば、非効率な10万頭近い馬をバッサリ買い目から外せます。

 

 

 

 

あなたはAコードとBコードの組み合わせをパズルのピースのように、

ピタッと合致するレースの出現を待つようにして下さい。

 

 

馬券の購入例を紹介します

 

ではパーフェクトコードを使って馬券を購入する

具体的な方法を紹介していきます。

 

繰り返しになりますが、

 

Aコード → 買い・中心視

Bコード → 買い・相手馬

Cコード → 基本消しだが他に狙いがあるなら

Dコード → 消し

Eコード → 消し

 

パーフェクトコードは上記のルールで買い目を決定しましょう。

 

 

この場合、Aコードはティンウッドマンが1頭で、Bコードが3頭です。

 

Aコードを軸に選ぶか?4頭だけなので4頭BOXという作戦で良いと思います。

 

 

 

 

 

 

4頭BOXだと6点買いになりますが、

人気薄の組み合わせが多いので、配当的にまったく問題ないでしょう。

 

3連系にアレンジする場合も、

買いたい大きな理由がない限り、Cコード以下の馬はあまりオススメしませんね。

 

次は同じ日の京都6レースです。

 

ここは衝撃の結果が待っていました。

 

 

 

このレースもAコードが不在なので、

Bコード3頭の馬連とワイドBOXで狙ってみましょう。

 

 

 

 

 

たったの3点で馬連万馬券の的中を実現しました。

 

パーフェクトコードを読み解けば、こんな快挙を達成することも可能です。

 

いかがですか?

 

AコードとBコードの馬を買うだけなので、

これならあなたも簡単にできると思いませんか?

 

 

馬連35,510円の配当も射程圏内!

 

続いて、的中してプラスになったけど、悔しいパターンを紹介します。

 

 

このレースはAコードが4頭、Bコードの馬が3頭。

 

7頭のBOX馬券だと21点と点数が多くなるので、

ここは軸を1頭に絞って、他の6頭への6点流しという作戦を選択です。

 

どの馬を軸にするのか?

 

普通ならAコードの4頭の中から軸馬を選ぶのが王道ですが、

コンクセストシチー、ビーチパラソル、タイセイエクレールの3頭は後方一気のタイプで近走は不振。

 

そしてサトノワイバーンは前走逃げて大敗と、やや成績が不安定の印象。

 

そこでダート戦なので、ここは前走の脚質に注目しました。

2番 スズカプリズム(差し)
6番 ベストインザスカイ(先行)
8番 キングライオン(先行)
10番 コンクエストシチー(差し)
12番 ビーチパラソル(差し)
14番 タイセイエクレール(差し)
16番 サトノワイバーン(逃げ)

 

成績が安定して軸に向いている先行脚質から、

ベストインザスカイとキングライオンのどちらかを中心と考えます。

 

ただキングライオンはダート替わりの前走も大敗しているので、

6番人気と現実的なベストインザスカイを軸馬に選出しました。

 

6 → 2、8、10、12、14、16

 

という買い目です。

 

結果は↓

 

 

 

 

 

結果は軸馬選考で外したキングライオンが勝利。

 

2着にはAコードのタイセイエクレール、

そして3着には軸馬に選定したベストインザスカイが入りました。

 

そのためワイド2点が的中して、

払い戻しが1万円を超えてプラスになりましたが、

馬連35,510円の配当も射程圏内に入った、これは悔しいレースでしたね。

 

このように対象頭数が多いと、自分で買い目を絞ったり、

取捨選択をする必要があります。

 

そうすると当たり外れは出てきますが、

そこは言われたまま買うのではなく、ご自身の選択を楽しんで貰えれば思います。

 

『こちらの指示通りにやれば、誰でも簡単に儲かります!』

 

あなたはこの言葉に騙されたことはありませんか?

 

何も考えないで言われたとおりにやれば、

儲かる話なんて現実にありますかね?

 

ご存知だと思いますが、

競馬はみんな仲良く全員で儲けることは難しいゲームです。

 

勝ち残るためには、優秀な情報を使って、

他のライバルに差を付ける必要があるのです。

 

パーフェクトコードを使って、ロケットダッシュを決めてみませんか?

 

 

お申込み後の注意点

 

パーフェクトコードにお申込み後すぐに、自動でサンプルメールを送信しています。

メールボックスに見たらない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

またインフォトップのマイページから、受信履歴を確認することもできます。

 

 

メールが届かない場合は、メールアドレスの登録ミスをご確認ください。

ではあなたのご利用をお待ちしています。

 

 

1ヵ月配信 3800

お申込みはこちらをクリック

本商品は必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません

無料期間の設定はありません

 

・入会日を起算として1ヶ月毎に課金されます。

・無料期間はございません。

・退会は購入者様ご自身で行っていただけます。

 

 

よくある質問をまとめました

 

 土日の参加レースはどれくらいでしょうか?

すべてのレース(新馬戦と障害レースを除く)で、パーフェクトコードを発行します。その情報をもとに、あなたの希望するレースに参加することが可能です。

 買い目指定はありますか?

A 当コンテンツからの、買い目指定はございません。競走馬の性能を分析して、好走率の高い馬をお伝えするコンテンツです。AコードとBコードの馬の中から利用者様の裁量で、得意な馬券種に応用いただければと思います。

 地方競馬も推奨馬の提供はありますか?

JRAで競走する馬を分析するロジックなので、JRAが開催する競馬のみが対象です。地方競馬では通用しないため、推奨馬の提供はありません。

 情報はいつ提供されますか?

推奨馬情報は競馬前日に提供します。競馬当日がお仕事や家族サービスで忙しい方でも安心してご利用になれます。

 軍資金はどれぐらい必要ですか?

おすすめの単勝馬券の場合、1日数点から投資可能です。人それぞれではありますが、1000円以上あればお楽しみいただけると思います。

 このロジックを使えば必ず勝てるようになりますか?

過去のデータから好走率の高い馬を予測し、導き出すロジックなので絶対はありません。時代が変われば競走馬を取り巻く環境が激変する可能性もございます。また不調期が続くことがあることもご理解の上、ご利用の検討をお願いします。しかし、ちょっとした変化で通用しなくなるロジックではないのでご安心ください。

 パソコンは必ず必要でしょうか?

いいえ、スマートフォンやガラケータイプの携帯電話でもインターネットが繋がる環境であれば問題ありません。ただしパソコンからのメールや、転送メールから受信できる設定が必要です。

※携帯アドレス(ドコモ、au、softbank)はメールが届きにくいので、ご利用をお控えください

 入会するとどんなメリットがありますか?

あなたは期待値の高い馬が分かるようになります。また70%以上の低期待値馬を、出馬表から除外することが可能になります。そのため予想がシンプルで簡単に感じるようになるでしょう。これまでにない新しい価値を感じていただけると思います。

この他にご質問がございましたら『support-m(at)keiba39.com』までお気軽にご質問ください。

※(at)を@に変えてください

 

 

1ヵ月配信 3800

お申込みはこちらをクリック

 

本商品は必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません

無料期間の設定はありません

 

・入会日を起算として1ヶ月毎に課金されます。

・無料期間はございません。

・退会は購入者様ご自身で行っていただけます。

 

 

 

お申込み後の注意点

 

パーフェクトコードにお申込み後すぐに、自動でサンプルメールを送信しています。

メールボックスに見たらない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

またインフォトップのマイページから、受信履歴を確認することもできます。

 

 

 

メールが届かない場合は、メールアドレスの登録ミスをご確認ください。

ではあなたのご利用をお待ちしています。

 

 

特定商取引法の表記