これはイケると思った馬券術も

買い始めたらマイナス続き!

負け続けて最近は競馬が楽しくない!

 

 

そんな悩みを抱えているあなた!

 

 

明日のメインレースで

1~3着になる可能性の高い馬を

教えてくれる情報があったら知りたいですか?

 

 

こっそりあなたにだけ教えましょう↓

 

 

 

小倉日経オープン(3歳以上オープン)

 

1着 テイエムイナズマを推奨(4番人気)

単勝960円的中!

 

 

 

萩S(2歳オープン)

 

1着 プラチナヴォイスを推奨(3番人気)

単勝720円的中!

 

 

 

第7回みやこS(G3)

 

1着 アポロケンタッキーを推奨(4番人気)

単勝760円的中!

 

 

 

福島民友カップ(3歳以上オープン)

 

1着 トラキチシャチョウを推奨(7番人気)

単勝1850円的中!

 

 

 

 

第17回チャンピオンズカップ(G1)

 

1着 サウンドトゥルーを推奨(6番人気)

単勝1590円的中!

 

 

 

タンザナイトS(3歳以上オープン)

 

1着 サンライズメジャーを推奨(4番人気)

単勝710円的中!

 

 

 

第11回阪神カップ(G2)

 

1着 シュウジを推奨(7番人気)

単勝1600円的中!

 

 

 

2016ファイナルS(3歳以上オープン)

 

1着 タガノエスプレッソを推奨(12番人気)

単勝4350円的中!

 

 

このように推奨した馬がドンドン激走しています。

 

私はある観点から『オープンクラス』で

1~3着になる可能性の高い馬を探す法則を発見しました。

 

 

 

 

その法則から導き出された推奨馬を、あなたにこっそり教えたいと思います。

 

 

 

馬よりも人間を重視する競馬研究家

 

こんにちは、北口修次(きたぐちしゅうじ)と申します。

 

デビュー作『職人競馬論』の大ヒットで、

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

まずは簡単に自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

私は競馬最強の法則2017年7月号で公開した

「騎手の地味な乗り替わり」馬券術のように、

競走馬よりも一流の仕事ができる人間を重視するスタイルを得意としています。

 

 

馬を手がけるその一流の陣営に目を向ける事で、

あなたの馬券収支は今までとは比較にならないくらいに向上するでしょう。

 

馬を見なくて大丈夫なのか?

 

その証拠を今から詳しくご説明させて頂きます。

 

どうぞこのまま安心して読みすすめてみてください。

 

 

一流の人間を重視する理由

 

あなたは1~3番人気の平均勝率をご存知ですか?

 

2014~2016年の3年分のデータを見てみると、

 

 

このような平均勝率です

 

そしてこの1~3番人気の勝率を平均すると21になります。

 

これは普通の騎手の場合、1~3番人気の馬に乗れば、

5回に1回(約20%)は勝利するということを意味します。

 

ここはご理解いただけたでしょうか?

 

では次に1~3番人気に騎乗した場合の成績を、騎手別に見てみたいと思います。

 

データの期間は2014~2016年の3年分です。

(※期間中騎乗機会が少ない騎手は除く)

 

 

いかがですか?

 

ナンバー1のムーア騎手が1~3番人気に騎乗すれば、

高い騎乗技術で、約3回に1回は勝利してくれます。

 

ナンバー5のベリー騎手でも、4回に1回は勝利してくれます。

 

それがどうでしょう、

期間中ワースト1の小幡初也騎手は、10回に1回しか勝利できないのです。

 

この差はかなり大きいですよね?

 

馬の能力が同じ(1~3番人気)でも、騎手によってこれほど成績が違うのです。

 

大切なお金を預けるなら、みんなムーア騎手に預けたいと思うでしょう。

 

これが私が一流の人間を重視する理由です。

 

 

そして調教師も同じです

 

馬の能力が同じでも、騎手が違えば好走率が違う。

 

これは馬を管理、調教してレースに送り出す調教師も同じです。

 

最新のトレーニング方法を積極的に採用して成功している調教師もいれば、

時代の流れに上手く適合できず、なかなか勝てない調教師もいます。

 

競馬界も我々が生きる現実社会の構図と同じで、

時代に合わない人間は排除される弱肉強食の世界なのです。

 

ではこちらのデータをご覧ください。

 

データの期間は2014~2016年の3年分です。

(※期間中出走数が少ない調教師は除く)

 

 

上記は騎手の時と同じで、管理馬が1~3番人気に推された際の勝率です。

 

ナンバーワンの池添学厩舎が管理する馬は、約3回に1回勝利します。

 

期間中ワーストワンの森田直行厩舎は、10回に1回しか勝利できないのです。

 

1~3番人気に推されている馬ですから、

表面上は強そう(走りそう)に見えている馬ですよね。

 

しかし実際は前走から調子がキープされてなかったり、

体調管理が上手く行っていなくて、凡走してしまうことが多いわけです。

 

これが馬を管理する調教師の差ではないか?と私は考えています。

 

上位人気に推されるような強い馬でも、管理する調教師によって好走率が変わる。

 

これが私が一流の人間を重視する理由です。

 

 

一流の人間がタッグを組めば?

 

ではトップ10同士、ワースト10同士、同じ階層の人間同士をクロスしてみましょう。

 

 

 

 

池添学厩舎の管理馬が1~3番人気の時に、

ムーア騎手が騎乗したら、という考え方です。

 

〇騎手トップ10×調教師トップ10

勝率34% 連対率50% 複勝率62%

単勝回収率104% 複勝回収率92%

 

このように1~3番人気の馬でも、単勝回収率が100%を超えます。

 

これは過去3年分のデータから導き出されたものなので、

必ず再現するわけではないですが、今後も期待値の高い組み合わせと言えます。

 

では反対にワースト10同士を組み合わせるとどうなるのか?

 

 

 

 

このような結果になります。

 

〇騎手ワースト10×調教師ワースト10

勝率11% 連対率34% 複勝率54%

単勝回収率53% 複勝回収率91%

 

かなり厳しい成績と回収率ですよね。

 

上記の組み合わせが1~3番人気だった場合、

勝利はあまり期待できないということになります。

 

思い切って「消し」の判断でも良いでしょう。

 

競馬は馬が競走するスポーツですが、

競走馬に関係する人間に注目するだけでも、

大きな差が生まれることが分かっていただけたと思います。

 

 

差が分かりやすいのは?

 

一流の人間とそれ以外の人間との差が、

もっとも分かりやすいのはオープンクラスです。

 

先ほどもお見せしましたが、

 

 

 

 

G1、G2、G3、オープン特別のレースをオープンクラスと言います。

 

この上級条件に出走できるようになるには、

新馬か未勝利、500万条件、1000万条件、1600万条件と

一般的には4勝しないといけません。

 

先ほどまでの『一流』と『二流以下』の差を考えると、

一流の人間が関与した競走馬は、

4勝以上の活躍ができる可能性が高いが、

二流以下の人間が関与した場合は、4勝するのもやっとと言えるでしょう。

 

ではオープンクラスで、その4勝以上の活躍が期待できる馬と、

4勝するのもやっとという馬が激突したら?

 

一流の人間が関与した、

『4勝以上の活躍が期待できる馬』に軍配が上がることは明らかですよね。

 

このようにオープンクラスでは、

勝ちやすい馬と、勝てない馬の差が分かりやすいということなのです。

 

 

だからこそ!

 

一流の仕事ができる人間を重視するスタイルの私は、

オープンクラスに特化した攻略法に辿り着くことができました。

 

2016年に私が推奨した馬の好走例をご覧ください。

 

 

このように数多くのレースで推奨馬が馬券圏内に好走しています。

 

では実際にどれくらい馬券圏内に入っているのか?

という具体的な数字を示すと、

 

G1クラス 20レース中 推奨馬10頭が馬券圏内

 

G2クラス 35レース中 推奨馬19頭が馬券圏内

 

G3クラス 60レース中 推奨馬37頭が馬券圏内

 

オープン特別 97レース中 推奨馬61頭が馬券圏内

 

合計 212レース中 推奨馬127頭が馬券圏内

 

ということになります。

 

「推奨馬の半分以上が馬券に良く絡むことは分かった!」

 

「でも1レース7頭、8頭を推奨してんじゃないの?」

 

確かにそう疑いたくなる気持ちも分かりますが、実はそうではありません。

 

212レースで私が推奨したのは482頭です。

 

つまり1レース平均の推奨馬が2頭~3頭という少なさで、

推奨する半分以上が馬券圏内に好走するということになります。

 

なかなか良い確率ではないでしょうか?

 

私の得意分野(人間重視)に特化すれば、

オープンクラス以上で好走する馬が分かることを、ご理解いただけたと思います。

 

 

結果を出し続けています

 

私がAランクに推奨する馬は過去3年以上で、

回収率100%を超えている非常に優秀なロジックです

2014年 勝率10% 単勝回収率154%

2015年 勝率11% 単勝回収率134%

2016年 勝率11% 単勝回収率100%

2017年 勝率12% 単勝回収率115%(先週まで)

★通算 勝率11% 単勝回収率127%

 

たまたま穴馬の波をキャッチして運のみでプラス収支になっているような

再現性の低いロジックではなく、

ひとつひとつ好走に有効なファクターを積み上げ、

一流の人間の仕事が開花するタイミングを見計らって推奨しています。

そこで初心者の方にも分かりやすいように

私が推奨する理由を短評として公開しています。

 

 

 

2017年1月22日 グレートマスター推薦馬

 

中山11R AJCC

 

Aランク推薦馬

8番タンタアレグリア
2番クラリティスカイ
6番ルミナスウォリアー
7番ワンアンドオンリー

(※上から順にお勧め度が上がります)

 

毎年G1馬の参戦もあるAJCC。
今年もG1で勝ち負けしてきた馬が多数並ぶ。

 

まず最初はタンタアレグリア。

ステイヤー色の強い印象だが、
距離の見直しで一発の可能性は十分。

 

この手の重賞に騎乗すれば
絶妙な早仕掛けで先手をとって
そのまま押し切るレースを幾度も
魅せてくれている蛯名騎手の手腕にも期待したい。

 

続いてクラリティスカイ。

 

NHKマイルでG1を制して以来
勝ち星からずいぶん遠ざかっているが、
前走の金杯では勝利まであと一歩まで迫った。

 

他のメンバーとの力関係をみると
今回十分実力上位の一頭。

 

以下、
終いの伸びに安定感のあるルミナスウォリアー、

言わずとしれたダービー馬ワンアンドオンリーまで。

以上4頭がAランク推薦馬となります。

 

 

 

 

2017年2月5日 グレードマスター推奨馬
 
東京11R 東京新聞杯

Aランク推薦馬

2番ブラックスピネル
4番ストーミーシー

Bランク推薦馬

5番プロディガルサン
6番ブラックムーン
10番ヤングマンパワー

※Bランクは参考推奨です

 

エアスピネルが登場する東京新聞杯。
当然人気はエアスピネルに集中の気配。

 

しかしここでの筆頭推薦馬は
前走であのエアスピネルと互角の
レースをしたブラックスピネル。

 

G1で凌ぎを削ってきた馬との
がっぷり四つで競り合った勝負根性は買い。

 

 

次いでストーミーシー。

 

デビュー前の陣営の期待は大きく、
ここまでの実績を見る限りはその期待値には
まだ到達していない事は否めないが、
それだけに今後もまだまだ伸びしろは十分な馬。

 

人気薄だが対抗候補としてみたい。

 

以下、Bランク推薦馬

 

前走の長距離G1菊花賞から
大きく距離を見直されて変わり身の
気配も十分なプロディガルサン、

 

金杯では大きく離されたが
オープン勝ちの経験もあり、
マイルはベスト距離のブラックムーン、

 

本当は内枠で買いたかったが
重賞2勝の実力は間違いなくメンバー上位の
ヤングマンパワーまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような推奨理由を読むことで、私の考え方を吸収して欲しいと思います。

 

そして推奨馬を中心とした馬券を購入して、勝利の美酒に酔ってください。

 

 

よくある質問をまとめました

 

 土日の参加レースはどれくらいでしょうか?

オープンクラス以上(重賞、オープン特別)のレースは、すべて推奨馬を提供いたします。滅多にありませんが、Aランク推奨に該当する馬が存在せず、次点のBランク推奨馬のみのレースもございます。その場合は参考程度にレースをご覧ください。

 買い目指定はありますか?

A 当コンテンツからの、買い目指定はございません。競馬に関係する人間面から、好走率の高い馬をお伝えするコンテンツです。Aランク推奨馬を中心に利用者様の裁量で、得意な馬券種に応用いただければと思います。私のおすすめはAランクの単勝馬券となります。

 地方競馬も推奨馬の提供はありますか?

馬ではなく人を見る馬券術なので、JRAが開催する競馬のみが対象です。地方競馬では通用しないため、推奨馬の提供はありません。

 情報はいつ提供されますか?

推奨馬情報は競馬が開催される前日(金・土曜日)に配信します。競馬当日がお仕事や家族サービスで忙しい方でも安心してご利用になれます。

 軍資金はどれぐらい必要ですか?

おすすめの単勝馬券の場合、1日数点から投資可能です。人それぞれではありますが、1000円以上あればお楽しみいただけると思います。

 このロジックを使えば必ず勝てるようになりますか?

競馬に携わる人を対象にしたロジックなので絶対はありません。時代が移り変われば競馬を取り巻く環境が激変する可能性もございます。また不調期が続くことがあることもご理解の上、ご利用の検討をお願いします。しかし、ちょっとした環境の変化で通用しなくなるロジックではないのでご安心ください。

 パソコンは必ず必要でしょうか?

いいえ、スマートフォンやガラケータイプの携帯電話でもインターネットが繋がる環境であれば問題ありません。ただしパソコンからのメールや、転送メールから受信できる設定が必要です。

※携帯アドレス(ドコモ、au、softbank)はメールが届きにくいので、ご利用をお控えください

 入会するとどんなメリットがありますか?

あなたは競馬ファンの注目度が高いG1、G2、G3、オープン特別のレースで、馬券に絡む確率の高い馬が分かるようになります。このコンテンツ情報をベースにして友達や同僚に自論を展開するも良し、こっそり自分だけで楽しむのも良いでしょう。ただし情報を加工して販売する等の行為はお控えください。

この他にご質問がございましたら『support-k(at)keiba39.com』までお気軽にご質問ください。

※(at)を@に変えてください

 

 

1ヵ月配信 2800

お申込みはこちらをクリック

 本商品は必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません

無料期間の設定はありません

 

・入会日を起算として1ヶ月毎に課金されます。

・無料期間はございません。

・退会は購入者様ご自身で行っていただけます。

 

 

お申込み後の注意点

 

グレードマスターにお申込み後すぐに、自動でサンプルメールを送信しています。


メールボックスに見たらない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

またインフォトップのマイページから、受信履歴を確認することもできます。

 

 

メールが届かない場合は、メールアドレスの登録ミスをご確認ください。


ではあなたのご利用をお待ちしています。

 

 

1ヵ月配信 2800

お申込みはこちらをクリック

 本商品は必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません

無料期間の設定はありません

 

・入会日を起算として1ヶ月毎に課金されます。

・無料期間はございません。

・退会は購入者様ご自身で行っていただけます。

 

 

特定商取引法の表記